SHOP INFO
ショップ情報

【製造場所】
〒505-0421
岐阜県加茂郡八百津町福地775-3
(旧福地小学校)
※販売所ではありません
代表 / 近藤 沙穂
MENU

Blog

わたし史上最高?『純米吟醸ジェラート』完成!

生まれて初めてお酒が美味しい!って感じるジェラートが出来ました!

以前、白扇酒造さんの人気商品の”大吟醸粕”で作った「酒粕&フロマージュ」は試作に試作を重ね、吟醸酒粕の味をしっかり楽しんで味わっていただける最高の配合バランスにたどり着き、食べていただけたお客様からも、「感動もの!」「これはたまらない!止まらない!」ととても有難いお言葉をいただけました🙇たくさんの方に食べていただけて、とても嬉しいお言葉をいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです🙇
そして今回また新たな自信作が完成しました!

白扇酒造さんの純米吟醸で作った、”純米吟醸ジェラート”

この純米吟醸は、普段使っているお米を変えて純米吟醸作りをする、という白扇酒造さんの杜氏(日本酒を作る監督みたいな人)の挑戦から始まり、杜氏の服部さんの試行錯誤の末、雄町(おまち)というお米から出来た純米吟醸が完成しました。この日本酒の香りを嗅いだ時に、香りが素晴らしく良くて癖になるような甘い美味しい香りで、何度も嗅いでしまう、、!すごい!って感動して、わたしもこの純米吟醸から作るジェラートに挑戦してみたい!!って思ったんです。

ジェラート製造用に純米吟醸を入れてもらいました😊


ちなみにわたし、お酒全般苦手なんです。アルコールの匂いでむせちゃうし、お酒を美味しいって味わって楽しめたことが一度もないんです。なのにこの純米吟醸のあまりの香りの良さに感動して、お酒のことまったく分からないけど、服部さんのチャレンジに便乗してわたしも新たなことに挑戦してみたい!ってこの時思いました。

試作を開始して、最初は苦戦しました。シャビシャビした食感になりやすいし、アルコールが原因でジェラートがゆるい。ジェラート特有の滑らかな食感というのがなかなか出せない。
試作の段階で、お口に含んだ時にりんごのお酒のような果実の香りをすごく感じていて、最高のジェラートにしてこの純米吟醸のスイーツとしての楽しい食べ方を伝えたい!って気持ちがますます強くなり、それから食感改善に試行錯誤を重ねました。
途中、白扇酒造さんに試食をお持ちし、ご感想もいただきました!


いただいた感想を参考に再度試作し、ようやく納得のいくものが出来た、、。その時、

生まれて初めてお酒が美味しい!って感じました。

びっくりでした。驚きの美味しさ。

まずお口に入れた瞬間に、初めてこの純米吟醸の香りを嗅いだ時の記憶がフラッシュバックするように、香り最高!!って思って、りんごのような果実の残り香を感じ、食べ終えた後も余韻が残る。

この純米吟醸のすごいところは、日本酒でジェラートを作る際、酒かすを足してお酒感を増してあげる場合があります。が、この純米吟醸ジェラートは純米吟醸しか入れていません。それでもこんなに十分お酒の味、この純米吟醸そのものの味を味わえるほどお酒そのものがとても濃いのです。
それほど麹が濃いんです。

この純米吟醸ジェラートは、お酒が好きな人はもちろんですが、わたしみたいにお酒を飲めない人、苦手な方にこそ食べてもらいたいフレーバーです!わたしのように日本酒の見方が変わるかもしれません!

このフレーバーの初お披露目は白扇酒造さんでの『愛酒イベント』で😊🍨
5月7日(土)から5月15日(日)の9日間、今回の目玉、雄町で作った純米吟醸の量り売りがあります!そしてこの純米吟醸で作った純米吟醸ジェラートも是非、お試しください😊

ジェラートのご提供は下記の4日間です😊
日にち:5月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)
場所   :白扇酒造
時間 :9時~16時
住所  : 岐阜県加茂郡川辺町中川辺28番地

皆様にお会いできることを心から楽しみにしております😊🙇是非お越しくださいませ😊

ジェラートカートの旅ビト
出張カレンダー

出張依頼は2週間前までに
ご予約をお願いしています。

ジェラートカートの旅人がつなぐストーリー

イベントの様子や、新作ジェラートはInstagramで配信しています

Shop Info

Lit GELATO
(リットジェラート)

製造場所 〒505-0421
岐阜県加茂郡八百津町福地775-3
(旧福地小学校)
※販売所ではありません
代表 近藤 沙穂
お問い合わせは
メールにて承っております
岐阜県の出張ジェラートカート Lit GELATO(リットジェラート)